解体工事の損害賠償保険に関する注意点は?

未分類

解体工事は大がかりな工事である以上どうしてもケガや事故などが発生してしまう場合もあります。

そんな時に頭に思い浮かぶのが損害賠償保険です。

損害賠償保険について、よく確認しておかないと大きな損をしてしまう可能性があるため、いくつか注意すべきことがあります。

本記事では、解体工事の損害賠償保険において注意すべき点についてまとめていきます。

解体工事の損害賠償保険で注意することとは?

損害賠償保険未加入の業者がいる

基本的にどの解体業者でも損害賠償保険に何かしら加入しているのが当たり前ですが、中には損害賠償保険に未加入の解体業者もいます。

少しでも経済的負担を減らし、もし何かしらトラブルが発生した時は依頼人に責任を擦り付けて自分たちは責任から逃れようとしてきます。

そんな安全性に欠けた悪質な解体業者に仕事を任せないためにも、損害賠償保険にそもそも加入しているかどうかというところから確認するようにしましょう。

その時、ただ加入しているかどうかだけでなく、補償内容や補償してくれる金額まで確認しておくと、いざという時に十分な補償をしてくれて不測の事態に困ったということがなくなります。

損害賠償保険に適応外の問題も発生する可能性がある

補償内容を確認することも大切ではありますが、そもそもどの損害賠償保険でも補償の範囲外の問題もあります。

例えば、騒音や粉じんといった問題は補償の対象外となっています。

基本的には不測の事態による問題を保証してくれるのが損害賠償保険であるため、高い確率で起こり得るようなことに関しては補償してくれません。

そのため、騒音や粉じんの問題については、養生や防音シートなどを使ってリスクを減らすなど、問題の対策を行うことが必要です。

事前に近隣住民に挨拶をしておく

余裕があれば、事前に近隣住民に迷惑をかけてしまうかもしれないことを伝えておきましょう。

通行人などには事情を伝えられなくても、近隣住民になら伝えられます。

工事の前に軽くでもうるさくなるかもしれませんの一言を伝えるだけで、損害賠償を請求されるリスクを減らしたり、請求されたとしてもある程度金額を減らすことができます。

最低限のマナーとしてもなるべく行っておいた方がいい行動です。

まとめ

解体工事の損害賠償保険に関して、事前の対策を打つことでいざ問題が発生しても冷静に対応することができます。

損害賠償保険の加入状況をよく調べて十分な補償があるかどうかを把握し、加えて損害賠償保険で対応できないリスクそのものを減らすために近隣住民に一言伝えるなど些細なことからできることも多いので、自身への被害を減らす工夫を常に心がけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました